関温泉スキー場と町営チセヌプリスキー場

関温泉スキー場

自己責任で滑る小規模スキー場

チセヌプリが町営スキー場だったころ、他のスキー場にいるようなパトロールは配備されていなかった。それゆえスキーヤーは、自己責任で滑ることが求められ、そして、自己責任で行動することを学んだ。チセヌプリスキー場のユニークさは、スキー場の存続を求める署名活動の新聞記事を参照してほしい。

町営チセヌプリスキー場とよく似たスキー場として、妙高エリアの関温泉スキー場があげられる。

ハートウォーミングな関温泉スキー場

町営チセヌプリスキー場と関温泉スキー場は、どちらも積雪量に恵まれた、歴史のある小規模スキー場である。近くにある巨大スキーリゾートの陰に隠れがちであるが、根強いファンがいる。そして、どちらのスキー場もすぐ近くに温泉が沸いていることなど、共通点は多い。

また、関温泉も自己責任で滑るスキー場であり、専任のパトロールはいない。コースロープもなく、救助要請があればリフト係が出動する体制となっている。

レッドブルが関温泉スキー場と、すでに廃止された燕温泉スキー場を舞台として作成した興味深いショートフィルムがある。

オープニングの古いリフトは、関温泉スキー場のもの。雪深い温泉街の様子の後、赤倉観光リゾートスキー場から燕温泉へ滑り降りるルートが紹介される。関温泉スキー場の本編は、神社の映像の後だ。

このショートフィルムは、「(雪質世界一なのに)日本のスキー場は衰退を続けるのか?」がテーマとされている。まず「70-80年台に1800万人いたスキーヤーは減少を続け、800あったスキー場は、200-300に減った」と時代の移り変わりが示される。そして、パウダースノーのなか、燕温泉スキー場跡に滑り降りる映像が示される。それは衰退することへの心惜しさが表現されているようだ。

関温泉スキー場は、井上幹夫社長とその家族が経営している。1日券が3800円で、社長が切符をきったり、食堂で皿洗いをしているようなので、経営的に楽ではないだろう。しかしながら、スキー場のハートウォーミングな雰囲気は、映像からも伝わってくる。

井上社長が次の世代にバトンを渡すことによる、スキー場存続の可能性が示され、それがエンディングとなっている。

他人の財産のパトロールに公費を使う蘭越町

チセヌプリスキー場の話しに戻ろう。

売却後、国定公園ないの道有地であるにもかかわらず、チセヌプリスキー場が閉鎖的なCATスキーが運営されていることに対しては、古くからの利用者のみならず、BCツアー事業者や宿泊事業者からも不満の声があがっていた。そして、複数のツアー事業者らが、蘭越町に対し善処を求めたが、蘭越町は、ツアー事業者らの不満を取り合わなかった。

CATの走行ルート

ツアー事業者のひとりは、立ち入り禁止の理由は雪上車との衝突防止なのに、雪上車の走らないスロープも含めたすべてが立ち入り禁止とされていることに不満を覚え、SNS上でJRTのカナハン氏を直接非難する映像を投稿した。(後に、カナハン氏は、そのツアー事業者を相手に、損害賠償請求を提訴している。)

そして、2016-17シーズンに「今シーズンのみ」として行われた公費によるパトロールは、2021シーズンも継続している。

町営スキー場だったころにパトロールはなかったのに、民間企業に売却して後で、なぜパトロールに公費を使う必要があるのか、蘭越町に質問した。

蘭越町への質問とその回答

「チセヌプリスキー場安全指導員」は、町有車のガソリン代や町営施設の除雪費と同じ分類『財産管理費』のひとつとして支出されている。詳しくは、公文書を参照してほしい。

2021年1月14日、最初のチセヌプリスキー場安全指導員支出を起案した山内副町長に次の質問をした。

「町の財産でもないのに、なぜ町のお金を使う必要があるのか?」

山内副町長は、「チセヌプリスキー場の権利譲渡に付随する覚書」に基いていると主張するので、取材後、その文書を確認した。

チセヌプリスキー場の権利譲渡に付随する覚書

覚書には、3に安全管理に関する項目が存在する。
しかし、それは丙、つまりJRTが行うこととなっており、蘭越町が負担する根拠にはならない。

淘汰される長野とバブル景気のニセコ

関温泉スキー場と元町営チセヌプリスキー場との間には、周辺景気の状況に大きな違いがある。関温泉のある長野県のスキー場は淘汰が進んでいるのに対し、チセヌプリスキー場が売却される際、周辺はバブル景気に沸いていたからだ。

地価高騰下での大幅値引き

私には、排他的運営への不満と、売却方法への疑惑を緩和するために公費が使われているようにしか見えない。

Follow me!

論点ページ一覧

チセヌプリのロケーションと蘭越町にとっての重要性

チセヌプリのロケーション チセヌプリは、蘭越町の北東、ニセコ連峰のほぼ中央に位置する。ニセコ町・倶知安町との境界に近いチセヌプリは、蘭越町がスノーリゾートとして振興する鍵となる重要な山である。 蘭越町におけるチセヌプリの […]

チセヌプリの賃借権は蘭越町にとって有用な資産だった

ニセコワイスCATスキーと島牧CATスキーのページに示すとおり、所有ができない山林に展開する多くのスキー場の多くは、索道下だけを賃貸している。一方、チセヌプリスキー場は、索道下だけでなく、区画全体が賃貸の対象となっている […]

公有財産としてのチセヌプリの賃借権

蘭越町営チセヌプリスキー場

公有財産の取り扱いセオリー 公有財産には、価値のあるものと、ないものがある。それぞれについて、簡単にまとめてみた。 価値のないものの場合 価値のないものは、売却処分される。たとえば、財務局は、未利用地を積極的に売ろうとし […]

幻の運営プラン

蘭越町が譲渡先として選定したJRTは、提案書に記されていない全山貸切型のCATスキーツアーだけを実施している。そして、他の登山者を排除するやり方が不評となり、JRTと地元のツアー事業者とは裁判沙汰の争いさえ発生している。 […]

UTグループへの理不尽な対応

蘭越町役場

UTグループが断念した理由 2015年4月にUTグループが応募し、およそ半年間後の11月に譲渡は決裂した。その原因は、11月2日にUTグループが山内副町長宛て送ったemailに示されている。 標記につきまして、 当社は平 […]

アリバイ工作と掟破りの大幅値引き

地価高騰下での大幅値引き

UTグループへの理不尽な対応に示したとおり、町長らは、まるで非常識で不誠実で不躾な対応を用いて、UTグループに白紙撤回をさせた。 年末年始の短い期間で実施された公募2回目 2015年11月2日をもって、UTグループとの交 […]

蘭越町がわずか1000万円で売ったもの

チセヌプリスキー場の休憩舎

蘭越町が売ったのは、国定公園内の道有林の賃借権と直せば使えるリフトだけではない。写真に示す休憩舎の所有権も、売却対象に含まれている。この建物は、5000万円近いコストをかけて建てられた立派なものだ。 蘭越町が1000万円 […]

3億円の投資が評価されたのにロープトゥ?

3回目公募においては、6社が応募した。 うち4社は、検討委員会に説明をおこなった。各検討委員は次の評価項目で採点したとされている。 JRTが提案書と併せて提出した収支予定表には、20-21シーズに3億円の投資をする予定と […]

町職員らの背任疑惑

極端な値下げ

公文書と取材だけを証拠としても、蘭越町の資産を不当に安い価格で売却し、蘭越町に損害を与えた背任行為が疑われる。 値下げのためのアリバイ工作疑惑 第1回目公募が144日間の公募期間を設定したのに対し、第2回目の公募は、わず […]

≪参考≫島牧CATスキー

島牧CATスキーの賃貸対象地

島牧CATスキーの運営スキーム 島牧村の東狩場山では、2015年にCATスキーが開始された。運営主体ととなるのは、村で組織する実行委員会である。島牧村は、運営に参加することによって、事業運営をコントロールしている。当然、 […]

≪参考≫ワイスCATスキー

ワイスCATスキーの賃貸対象地

リフト チセヌプリと同じく、ワイスホルンは、ニセコ連峰の山のひとつである。チセヌプリスキー場の敷地が北海道が所有する土地であるのに対し、ワイススキー場の敷地は、国の土地である。そして、国がスキー場に賃貸しているのは、リフ […]

国際リゾートの町としての可能性

ニセコ連峰

すぐ隣の町で爆発的な好景気があるなら、その恩恵に預かることが、町を振興させるもっとも確実な方法だといえる。実際、最初の公募が行われた2014年7月、ニセコ観光圏が設立され、蘭越町は、ニセコ町・倶知安町と共に世界的な観光リ […]