富裕層に山を独占させて儲けるCATスキー商法の問題

ワイスパウダーCAT
この記事は、国定公園内の公有地で、外資系事業者が、富裕層に限定した価格設定・提供している排他的スキーサービスに対し、次の問題を提起するものです。
1. 国定公園内における収益事業としての問題(国・環境省の問題)
(1)国定公園内の土地の適正利用(自然公園法第3条1項)における問題
(2)公園事業者(自然公園法第10条3項)でないにもかかわらず、国が収益事業(CATサービス)を容認している問題
2.公有財産の利用方法における問題
(1)国の土地(ワイス)としての問題:地方自治法第238条の4条2項1号
(2)北海道の土地(チセヌプリ)としての問題:国有財産法第18条6項
(3)事実上、国有地・道有地の使用許可権・賃貸権が利権化している問題
3.投機的売買が可能であることが問題視されていない問題
(1)スキー場の権利を所有する法人を法人ごと売却した場合、巨額の差益が生じても譲渡益税をゼロにできることが問題視されていない問題
ワイススキー場とチセヌプリスキー場の立地

旧ワイススキー場の壊れたリフトと事業者の使用許可部分

チセヌプリと同じく、ワイスホルンは、ニセコ連峰の山のひとつである。チセヌプリスキー場の敷地が北海道が所有する土地であるのに対し、ワイススキー場の敷地は、国の土地である。そして、国がHANANONOリゾート(香港のPCPD,日本でいうNTTのような通信大手企業,日本法人としては日本ハーモニーリゾート)に使用を許可しているのは、リフト下(緑色の部分)とゲレンデの一部(黄色の部分)だ。

ワイスCATスキーの使用許可対象地

ワイスの図の黄色部分は、ゲレンデ全体をカバーしておらず、リフト脇の狭い部分だけであることに着目して欲しい。これは、使用許可の対象が、CATの走行が想定される部分だけとされていることが推定できる。

スキー場運営者であるHANAZONOリゾートは、使用許可を得ているのが、山(ワイスホルン)でも、スロープ全体でないにもかからず、チセヌプリ同様、『(山を)貸切』をキーワードとしてたスキー場運営を行っている。

そして、HANAZONOリゾートは、商品を高値で売るためのキャッチフレーズ『広大な山を、たったの12名で終日貸切』を使うために、CATの走行ルートの安全、あるいは、国から使用許可を得ているエリアへの出入りを管理するのではなく、使用許可を得ていないエリアを含めて、登山者の侵入を排除している。

ここでエリアの全体像を確認しよう。

地図衛星写真町道の地籍図町道の衛星写真町道付近の公図
>

>

>

>

上のタブを「町道付近の公図」に切り替えると、確かにスロープの終わるエリアを取得していることが確認できる。しかし、スキースロープにおいては、索道下と索道脇の一部の使用許可を得ているだけだ。HANAZONOリゾートがずるいのは、「私有地」の範囲をあいまいにし、あたかもそれがスキー場全体であるかのように示していることだ。なお、建物を設置し、雪上車と鎖をバリケードを置いて立ち入り禁止をしているのは、町道上だ。町道の土地所有権は、ハーモニーリゾートが所有しているものの、町道認定されているので、当然、私的利用は制限を受けるものであり、HANAZONOリゾートの使用方法は、それを逸脱している。

HANAZONOリゾートの上原子ジェネラルマネージャーは、「ワイススキー場にゴンドラをつなげて、ワイススキー場を復活させる」とインタビューに答え、テレビは「日本ハーモニーリゾートは9年前にワイススキー場を取得~」と報じた。しかし、元ワイススキー場は、国定公園内にある国の土地である。HANAZONOリゾートを運営する日本ハーモニーリゾートは、壊れたリフトの所有権とCATの走行ルート部分の使用許可を得ているに過ぎない。その使用料は、年間146.400円である。また、元ワイススキー場は、公園事業としては、廃止届が出されており、スキー場事業は公園事業ではない。富裕層しか利用できない単価を設定して行われているCATスキー事業に関しては、国定公園内の国有地で、容認される事業とは思えない。

<参考>リフトが動いていたころのワイスのCAT運送

第3リフトが老朽化によって停止した後、2006年までリフト代わりのCAT(雪上車)が運行していた。CATは、リフトの代替なので、リフト券があればCATにも乗ることができた。2002年当時のリーフレットで運営形態と料金が確認できる。

ワイススノーパーク

ニセコワイス観光株式会社は、2006年にスキー場の営業を終了した。その後、スキー場の運営権(壊れたリフトや施設の所有権等の権利)を持つ東急は、その権利を花園エリアを豪州資本の日本ハーモニーリゾートに売却した。2007年に日本ハーモニーリゾートは、香港資本のPCPDに買収された。

  • 1971(S46)年12月25日 日本で2番目の国設スキー場として、国設ニセコワイスホルンスキー場が索道(リフト)2本で開設した。自然公園法上は「ワイスホルンスキー場事業」という事業名にて、ニセコ積丹小樽海岸国定公園内での事業が認可された。
  • 1973(S48)年までに、リフト5本での運営が開始された。
  • (年次不明) ニセコ山系観光開発公社は、5本ある索道(リフト)のうち3本とレストハウスを承継した。なお、ニセコ山系観光開発公社は、倶知安町、林野弘済会、ニセコ高原の三者でアンヌプリとワイスの開発を目的として組織された。
  • 1980(S55)年11月12日 5本ある索道のうち2本が、ニセコ高原観光株式会社に譲渡承継された。
  • 1981(S56)年1月12日 ヒュッテ・ワイスホルンは、神孝一氏に承継された。
  • 1973(S48)年6月19日 ニセコ山系観光開発公社は、ニセコワイス観光株式会社に名称を変更した。
  • 1978(S53)年11月27日 ニセコワイス観光株式会社からニセコ高原観光株式会社へリフト3本とレストハウスの事業承継が承認された。なお、2社の代表取締約は、ともに佐原亨氏である。
  • 1988年 ニセコワイス高原温泉山荘緑館がオープンした。
  • 1990(H2)年11月19日 スキー場事業の一部(第1・第2リフト)のスキー場公園事業の廃止申請が承認された。なお、ヒュッテ・ワイスホルンは、宿舎事業として変更承認されている。
  • 2001(H13)年10月10日 スキー場事業の一部(第3・第4・第5リフト)の廃止申請が承認された。申請者はニセコ高原観光株式会社。
  • 残存看板・web上の情報・複数の証言によれば、ヒュッテ・ワイスホルンは、CAT(雪上車)をリフトの代替として、スキー場運営を行った。第4・第5リフト側ではニセコワイススノーパークが運営され、最上部ある最初に壊れた第3リフト付近では、ふたつのスキー上のCATが競合する事態となっていたらしい。
  • 2004年 日本ハーモニーリゾートが東急リゾートから花園スキー場を買収した。
  • 2005年 ニセコワイス高原温泉山荘緑館は、ニセコワイス寶亭留に改称された。
  • 2006年 ワイス観光開発は、ニセコワイススノーパークの営業を終了した。
  • 2013年 NACは、ワイスで貸切型のCATスキーを開始した。
  • 2015(H27)年 東急リゾートが申請したスキー場公園事業の廃止申請が承認された。
    なお、分割運営されていたふたつのスキー場は、1990年11月19日と2001年10月10日に廃止申請が受理されていることは、廃止申請できるスキー場公園事業は存在しないことを示している。さらに北海道自然環境局(後志)は、同年中、東急のスキー場売却を認可し、譲受企業の期間を定めない休止申請が認めたことは、超法規的な便宜を図った可能性が示されている。
  • 2015(H27)年1月23日 東急リゾートは、日本ハーモニーリゾートにスキー場を売却した。
  • 2015(H27)年2月20日 日本ハーモニーリゾートは、スキー場公園事業の休止を申請した。休止期間に記載はなく、執行の協議として、自然第335号(昭和46年10月29日)、自然第812号(昭和48年6月19日)が記された。
  • 2018年 ニセコワイス寶亭留が閉館した。

参考資料の一部

国設ニセコワイススキー場(公園事業)の一部がワイスホルンスキー場に事業承継されたエリアを示す文書
国設ニセコワイススキー場(公園事業)の一部(後のワイススノーパーク)が事業承継されたエリアを示す文書
東急がワイススキー場を運営していたころのリーフレット
東急がワイススキー場を運営していたころのリーフレット

現時点までに取得した自然公園法上の公文書を全て公開します。

チセヌプリCATスキー

ワイススキー場と同様、チセヌプリCATスキーも国定公園内の公共の土地で実施されている。当時、チセヌプリスキー場を公募売却した蘭越町は、当時、プロポーザルの内容や選定プロセスを一切公開しなかった。そして、蘭越町への公文書開示請求で明らかになった文書により、JRTが実際に行っている事業が公募提案した内容と異なっていることが発覚した。

JRTが蘭越町に提出した提案書に現実との相違点を赤字で追加した

「なんで、ワイススキー場は怒っていないんですか?」

2020年11月25日、JRT代表のカナハン・クレイトン・アンソニー氏は、チセヌプリスキー場に隣接する町営駐車場で筆者の車に気付き、話しかけてきた。カナハン氏は、自身が蘭越町と仲が良いことを自慢し、「野村(筆者)さんは引っ越して3年か4年でなんでそんなに(蘭越町に対し)怒っているですか?」と聞いてきた。筆者は、蘭越町の副町長に大きな問題がある旨を伝えた

筆者が、JRTが公募と異なる運営に行っていることにコメントを求めると、「なんで、ワイススキー場は怒ってないんですか?」とワイススキー場をやり玉に挙げた。筆者がカナハン氏にリフトの掛け替えない理由を問い正そうとすると、カナハン氏は「You are crazy.」と言い放ち、町営駐車場の中なのに「Get out of here!」と捨て台詞を吐いて立ち去った。

チセヌプリの譲渡における詳細は『蘭越町の隠し事』を参照ください。

この記事は、自然公園法を所管する北海道自然環境局、土地を貸している北海道森林管理局からの公文書開示を待って、記事内容をさらに補充します。

論点ページ一覧

チセヌプリのロケーションと蘭越町にとっての重要性

チセヌプリのロケーション チセヌプリは、蘭越町の北東、ニセコ連峰のほぼ中央に位置する。ニセコ町・倶知安町との境界に近いチセヌプリは、蘭越町がスノーリゾートとして振興する鍵となる重要な山である。 蘭越町におけるチセヌプリの […]

チセヌプリの賃借権は蘭越町にとって有用な資産だった

ニセコワイスCATスキーと島牧CATスキーのページに示すとおり、所有ができない山林に展開する多くのスキー場の多くは、索道下だけを賃貸している。一方、チセヌプリスキー場は、索道下だけでなく、区画全体が賃貸の対象となっている […]

リフト再開をほのめかす二枚舌

金町長も山内副町長も、公募において、リフトの再開は条件としていないことを主張する。しかしながら、広報誌や新聞報道を通しては、まるでリフトが再開されるかのような広報をしている。 北海道新聞 赤字で示したとおり、取材の窓口に […]

公有財産としてのチセヌプリの賃借権

蘭越町営チセヌプリスキー場

公有財産の取り扱いセオリー 公有財産には、価値のあるものと、ないものがある。それぞれについて、簡単にまとめてみた。 価値のないものの場合 価値のないものは、売却処分される。たとえば、財務局は、未利用地を積極的に売ろうとし […]

幻の運営プラン

蘭越町が譲渡先として選定したJRTは、提案書に記されていない全山貸切型のCATスキーツアーだけを実施している。そして、他の登山者を排除するやり方が不評となり、JRTと地元のツアー事業者とは裁判沙汰の争いさえ発生している。 […]

UTグループへの理不尽な対応

蘭越町役場

UTグループが断念した理由 2015年4月にUTグループが応募し、およそ半年間後の11月に譲渡は決裂した。その原因は、11月2日にUTグループが山内副町長宛て送ったemailに示されている。 標記につきまして、 当社は平 […]

アリバイ工作と掟破りの大幅値引き

地価高騰下での大幅値引き

UTグループへの理不尽な対応に示したとおり、町長らは、まるで非常識で不誠実で不躾な対応を用いて、UTグループに白紙撤回をさせた。 年末年始の短い期間で実施された公募2回目 2015年11月2日をもって、UTグループとの交 […]

蘭越町がわずか1000万円で売ったもの

チセヌプリスキー場の休憩舎

蘭越町が売ったのは、国定公園内の道有林の賃借権と直せば使えるリフトだけではない。写真に示す休憩舎の所有権も、売却対象に含まれている。この建物は、5000万円近いコストをかけて建てられた立派なものだ。 蘭越町が1000万円 […]

3億円の投資が評価されたのにロープトゥ?

3回目公募においては、6社が応募した。 うち4社は、検討委員会に説明をおこなった。各検討委員は次の評価項目で採点したとされている。 JRTが提案書と併せて提出した収支予定表には、20-21シーズに3億円の投資をする予定と […]

国際リゾートの町としての可能性

ニセコ連峰

すぐ隣の町で爆発的な好景気があるなら、その恩恵に預かることが、町を振興させるもっとも確実な方法だといえる。実際、最初の公募が行われた2014年7月、ニセコ観光圏が設立され、蘭越町は、ニセコ町・倶知安町と共に世界的な観光リ […]

町職員らの背任疑惑

極端な値下げ

公文書と取材だけを証拠としても、蘭越町の資産を不当に安い価格で売却し、蘭越町に損害を与えた背任行為が疑われる。 値下げのためのアリバイ工作疑惑 第1回目公募が144日間の公募期間を設定したのに対し、第2回目の公募は、わず […]

≪参考≫島牧CATスキー

島牧CATスキーの賃貸対象地

島牧CATスキーの運営スキーム 島牧村の東狩場山では、2015年にCATスキーが開始された。運営主体ととなるのは、村で組織する実行委員会である。島牧村は、運営に参加することによって、事業運営をコントロールしている。当然、 […]

富裕層に山を独占させて儲けるCATスキー商法の問題

ワイスパウダーCAT

この記事は、国定公園内の公有地で、外資系事業者が、富裕層に限定した価格設定・提供している排他的スキーサービスに対し、次の問題を提起するものです。 1. 国定公園内における収益事業としての問題(国・環境省の問題) (1)国 […]