UTグループへの理不尽な対応

UTグループが断念した理由

2015年4月にUTグループが応募し、およそ半年間後の11月に譲渡は決裂した。その原因は、11月2日にUTグループが山内副町長宛て送ったemailに示されている。

標記につきまして、 当社は平成27年4月2日付けで、以下の蘭越町ウェブサイトに記載された条件をもとに譲渡金額5000万円で譲渡希望者として応募しています。
http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/topics/2015/03post_193.html
(添付ファイルご参照)
公募条件の中で特に重視したのが、「譲渡金額以外の負担(保証金等)は一切無し」との条件でございます。この条件から、北海道から要求されるスキー場の原状回復義務について連帯保証を蘭越町様が行うものと理解しておりました。

つまり、蘭越町様が連帯保証人となる条件は公募条件の中で極めて重要かつ大きな要素であります。

また、譲渡時点で、譲渡主休法人と別途法人で連帯保証を行うことの実質追加負担がない前提で全ての事葉計画を策定しておりました。

実際今年の6月時点までは、蘭越町様が通帯保証人となる前提で画越町様は北海道と交渉していたと蘭越町様関係者より口頭で報告を受け確認をしております。
しかし、財政援助制限法第3条によれば「政府又は地方公共団休は、会社その他の法人の債務については、保証契約をすることができない」ため、新たに連帯保証先を見つける必要が生じたと認識しております。

2015年10月22日 UTグループ代表が山内総務課長(現副町長)に宛てたemailより抜粋

上、UTグループの打診に対し、山内総務課長(現副町長)は、継続協議の中止を通知する文書起案した。山内氏が起案した通知は、金副町長(現町長)と宮谷内町長の承認を経て、宮谷内町長名でUTグループに送られた。その文書を受けたUTグループは、譲渡を断念する文書を蘭越町へ送った。

当社としては、以下に示すように、公募条件が大きく変化し、その変化にともなって経済的合理性から見て極めて妥当な要望をしたにもかかわらず、蘭越町様からのご回答がその要望に 事実上まったく対応していただけなかった点は大変遺憾に思います。

1)当初の条件:公募条件の中で「譲渡金額以外の負担(保証金等)は一切無し」 となっており現状回復義務についての連帯保証は蘭越町様がなっていただく
2)最新の条件;現状回復義務についての連帯保証は当社グループまたは別会社がおこなう

1)より2)は実質的な経済負担が当社にとつて最低でも5000万円拡大するため (現状回復義務をいつでもおこなえる財政余カを北海道様に示す必要があるため)、 負担増について蘭越町様に対して譲渡金額の引き下げ等を要望

2015年11月2日 UTグループ代表が山内総務課長(現副町長)に宛てたemailより抜粋

正式な記録にされなかったUTグループとの面談

上に示したメールのほか、開示された文書におけるUTグループとの交渉記録は、脈絡が不完全だった。
2015年10月20日、唐突に蘭越町がUTグループの依頼を断る内容から始まり、10月22・23・27・26日のやり取りを経て、11月2日で完全な決裂となっていた。

審査請求書より抜粋

  1. 2015年4月2日の応募当時JASDAC上場、同年秋に東証1部上場するUTホールディングス株式会社(以下「UTグループ」という)は、32ページに及ぶ提案書を添えて、公募に応募した。そして、山内勲らは、UTグループとの交渉を始めた。≪甲3≫≪甲4
  2. 山内勲らは、UTグループに対し、公募条件にない連帯保証人を求めた。≪甲7≫≪甲8≫≪甲9≫≪甲10≫≪甲11≫≪甲12
  3. 2015年10月18日、UTグループは、公募条件変更(連帯保証人追補)を理由に譲渡金額の減額を求めた。
  4. 2015年10月20日、蘭越町はUTグループの減額要請を断った。≪甲7
  5. 2015年10月22日、UTグループは譲渡価格の減額を再要請した。≪甲8
  6. 2015年10月23日、山内勲は、UTグループの譲渡価格の減額再要請を断ることを起案し、金秀行もそれを承認した。≪甲9
  7. 2015年10月26日、蘭越町は、UTグループの譲渡価格の減額要請を断った。≪甲10
  8. 2015年11月2日、UTグループは、スキー場の譲渡交渉の白紙撤回を申し出た。≪甲11≫≪甲12

そのプロセスにおけるUTグループの文章には、紳士的な論調に留めようと努力しながらも、蘭越町が後から連帯保証人の追補を条件としたことに対する、隠しきれない不満が溢れている。

そこで、蘭越町が公開した文書に含まれなかった10月20日の文書を再請求した。そうして10月18日の記録を取得した。その記録は、UTグループの社長らが、蘭越町役場を訪れ、町長・副町長・総務課長と話し合いのリライト文だ。全文はPDF(2.9MB)

非常識な条件変更とパワハラ紛いの無礼な対応

そのなかの一部を次に抜粋した。そこには、蘭越町が連帯保証人の追補を求めたことに対し、UTグループが苦慮しながらも、蘭越町に譲歩を求める様子を窺うことができる。

ここに保証金なしとあったので、蘭越町さんに残ったままなのかな、という認識だったんですよね。ただそれが、契約上、保証人を立てて移さなければいけないという状況になったのは、後から聞きました。最近ですよ。なので、説明に困惑しているのは、事実です。つじつまを合わせるための何らかの集客のご支援であったり、いろいろな契約上の手続きとか、なにかしら説明しないとですね。これで契約がご破算になりました、というのは、尚更鋭明がつかないという話しで、それは困るな、という感じがしていますので、逆に、可能なところがあれば、教えていただければ、それで説明できるかどうか、早々にご回答申し上げることができる〇〇がつくれるんですけれども、ちょっと脱明がつかないですよ。我々も、かなり時間とコストをかけてやってきていますから。これは何故断られたのか、蘭越町に、なぜ契約がご破算になったんだ、ということについて…

UTグループ社長

「売ってやる立場にある」と勘違いしている権力者は気付かないのかもしれないが、交渉開始から半年も経った後で、連帯保証人の追補を求める行為は、きわめて非常識だ。

蘭越町が非常識な条件変更を持ち出しながら、それを指摘されると、「(文句を言うなら)無かったことにしましょう」という論法で、UTグループの不満を封じ込めようとしている。それを町長・副町長・総務課長の3人がかりでやっているのだから、UTグループの臥薪嘗胆は、想像に余りがある。

UTグループは、圧雪車の注文のほか、多くの時間的・人的投資をしていたようなので、いまさら取りやめはできない状況にあったようだ。一方、蘭越町が契約を白紙にしても、大した痛手は発生しない。それどころか、町長がUTグループに明言した「次の候補」に譲渡先を変更したい『特別な理由』が、この時点であったのかもしれない。

その他、蘭越町長らの不誠実で不躾な対応

UTグループに応対した町長・副町長・総務課長は、非礼かつ冷徹な対応に終始している。以下、そのいくつかを以下に抜粋した。なお、誤字伏字は原文ママ。

町長

それはお宅たちの会社の都合で言ってるけれど、うちのほうはそんなの関係ないんだから。総務課長が言ったように、それをこうだああだというふうなことであれば、これは最初から契約が無かったものとして、我々も議会に報告するし、次の候補も来ているんだろう。


それは契約もしていないんだからやめるのは自由だし、外国の方に絡を掛ければやってくれるところはいくらでもあるよ。最初からこううまくいかないんだったら、これは我々が議会に怒られてでも報告して白紙に戻してもらうより方法はないね。


我々はここでユーティーホールディングが買うといったから議会に報告して、その辺りに来ているのがこっちは真剣にやりそうだというから言っていることであって、そんなお互いに迷うことであれば、これは契約しているわけでもないし、契約しているのであれば、信義誠実の原則で、契約には書いていないことであれば、お互い協議してやればいいことで、出だしからこういうことどうだ、ああいうことはどうだ、というのであれば、この際はっきり言ってどうしようもないことだ。

総務課長

僕はこの一番最初に●●●さんが言われたように、公募条件の言葉尻をつかまえて、負担保証金は一切なしというのは、先ほど町長が言ったように、担保してもらうお金は要りませんよ、という認識の条件であって、撤退したときのお金を積めとか、あるいは、負担しなさい、ということは、もちろん考えていませんし、そういうことの言葉尻をつかまえて負担が増えたから譲渡金額を安くしろというのは、我々として侵害だし、本当にユーティーさんでよかったのかという気持ちになりますから。


北海道さんからはリフトを設置したのは蘭越町だから、何かあったときに蘭越町さんが最終的な責任をもしも何か会社が逃げたりすると最後、蘭越町さんが負わなければならないよ、ということは言われています。最初から。そうゆう意味で、蘭越町は何かあったときの最終責任はとらなければならないと思いますけれども、そもそも、やる会社さんが最初から逃げる気でやるとは思っていませんし…、それは最悪のそこまで厳しい路でやってもどうせ将来的にはう玄o、かないなと思いますね。


譲渡した後に何かあったとき、なにかで経営が続けられなくなったときの撤去責任はどこにあるんあるんですか。蘭越に被せるという事ですか。それではないですよね。

蘭越町が排除したもの

UTグループの提案は、誰もが利用できる料金でのスキー場運営であった。夏のアクティビティを合わせて、年間9万人を目標としていた。

サービスそのものの料金は安く設定し、集客規模を多くすることが、地域振興のセオリーである。間接的な経済効果が見込めるからだ。逆に、高価格で集客数が少なければ、地域振興にはならない。

蘭越町に理不尽な条件を突きつけられ、ハラスメントまがいの不躾な対応に耐え、UTグループの社長は、新たに発生する連帯保証人を依頼する費用はUTグループが負担し、譲渡価格の値下げもあきらめてもよいと譲歩したことが、10月18日の記録に残っている。その代わり、せめて集客面で協力してほしいという依頼は、費用面ではなく、利害関係者に対する説明責任から生じた依頼のようである。

それを蘭越町が冷たくあしらった結果、UTグループは撤退を余儀なくされた。10月22日から11月2日までのUTグループからのemailからは、白紙撤回が断腸の思いであることがうかがわれる。

  1. 2015年10月20日、蘭越町はUTグループの減額要請を断った。≪甲7
  2. 2015年10月22日、UTグループは譲渡価格の減額を再要請した。≪甲8
  3. 2015年10月23日、山内勲は、UTグループの譲渡価格の減額再要請を断ることを起案し、金秀行もそれを承認した。≪甲9
  4. 2015年10月26日、蘭越町は、UTグループの譲渡価格の減額要請を断った。≪甲10
  5. 2015年11月2日、UTグループは、スキー場の譲渡交渉の白紙撤回を申し出た。≪甲11≫≪甲12

論点ページ一覧

チセヌプリのロケーションと蘭越町にとっての重要性

チセヌプリのロケーション チセヌプリは、蘭越町の北東、ニセコ連峰のほぼ中央に位置する。ニセコ町・倶知安町との境界に近いチセヌプリは、蘭越町がスノーリゾートとして振興する鍵となる重要な山である。 蘭越町におけるチセヌプリの […]

チセヌプリの賃借権は蘭越町にとって有用な資産だった

ニセコワイスCATスキーと島牧CATスキーのページに示すとおり、所有ができない山林に展開する多くのスキー場の多くは、索道下だけを賃貸している。一方、チセヌプリスキー場は、索道下だけでなく、区画全体が賃貸の対象となっている […]

公有財産としてのチセヌプリの賃借権

蘭越町営チセヌプリスキー場

公有財産の取り扱いセオリー 公有財産には、価値のあるものと、ないものがある。それぞれについて、簡単にまとめてみた。 価値のないものの場合 価値のないものは、売却処分される。たとえば、財務局は、未利用地を積極的に売ろうとし […]

幻の運営プラン

蘭越町が譲渡先として選定したJRTは、提案書に記されていない全山貸切型のCATスキーツアーだけを実施している。そして、他の登山者を排除するやり方が不評となり、JRTと地元のツアー事業者とは裁判沙汰の争いさえ発生している。 […]

UTグループへの理不尽な対応

蘭越町役場

UTグループが断念した理由 2015年4月にUTグループが応募し、およそ半年間後の11月に譲渡は決裂した。その原因は、11月2日にUTグループが山内副町長宛て送ったemailに示されている。 標記につきまして、 当社は平 […]

アリバイ工作と掟破りの大幅値引き

地価高騰下での大幅値引き

UTグループへの理不尽な対応に示したとおり、町長らは、まるで非常識で不誠実で不躾な対応を用いて、UTグループに白紙撤回をさせた。 年末年始の短い期間で実施された公募2回目 2015年11月2日をもって、UTグループとの交 […]

蘭越町がわずか1000万円で売ったもの

チセヌプリスキー場の休憩舎

蘭越町が売ったのは、国定公園内の道有林の賃借権と直せば使えるリフトだけではない。写真に示す休憩舎の所有権も、売却対象に含まれている。この建物は、5000万円近いコストをかけて建てられた立派なものだ。 蘭越町が1000万円 […]

3億円の投資が評価されたのにロープトゥ?

3回目公募においては、6社が応募した。 うち4社は、検討委員会に説明をおこなった。各検討委員は次の評価項目で採点したとされている。 JRTが提案書と併せて提出した収支予定表には、20-21シーズに3億円の投資をする予定と […]

町職員らの背任疑惑

極端な値下げ

公文書と取材だけを証拠としても、蘭越町の資産を不当に安い価格で売却し、蘭越町に損害を与えた背任行為が疑われる。 値下げのためのアリバイ工作疑惑 第1回目公募が144日間の公募期間を設定したのに対し、第2回目の公募は、わず […]

≪参考≫島牧CATスキー

島牧CATスキーの賃貸対象地

島牧CATスキーの運営スキーム 島牧村の東狩場山では、2015年にCATスキーが開始された。運営主体ととなるのは、村で組織する実行委員会である。島牧村は、運営に参加することによって、事業運営をコントロールしている。当然、 […]

≪参考≫ワイスCATスキー

ワイスCATスキーの賃貸対象地

リフト チセヌプリと同じく、ワイスホルンは、ニセコ連峰の山のひとつである。チセヌプリスキー場の敷地が北海道が所有する土地であるのに対し、ワイススキー場の敷地は、国の土地である。そして、国がスキー場に賃貸しているのは、リフ […]

国際リゾートの町としての可能性

ニセコ連峰

すぐ隣の町で爆発的な好景気があるなら、その恩恵に預かることが、町を振興させるもっとも確実な方法だといえる。実際、最初の公募が行われた2014年7月、ニセコ観光圏が設立され、蘭越町は、ニセコ町・倶知安町と共に世界的な観光リ […]