下見旅第2段

僕は裁判所の競売物件を物色しているうちに、石狩浜に格安の土地を発見した。900坪で最低落札価格が80万円弱だから、坪当たり1000円以下だ。番屋の湯が近いので、浴室を造らなくても済みそうだ。僕はこの物件を見るためにチケットを予約した。最低価格にこだわって、成田発のジェットスター始発便を予約した。料金は底値の4800円だ。

初めての成田空港第三ターミナルは、うわさ通りに空港内での便が悪く、出発カウンターにたどり着くだけでひと苦労だ。航空運賃の高値安定を維持したい航空官僚が、LCCに市民権を与えないための策略としか思えない。

成田空港第3ターミナル

ジェットスターの空港カウンター

ようやくゲートにたどり着き、小さな飛行機に搭乗した。

ジェットスター

出目金のマーチ千歳空港につくと、送迎バスで予約していたレンタカー会社に向かった。予約したのは、3日間で5800円と未体験ゾーンの格安レンタカーだ。貸出しの際、しつこくノンオペレーションチャージを補償する保険の加入を勧められた。おそらく、この保険に加入を前提として、収益モデルを組み立てているのだろう。僕はそのオファーをいなし、出目金のマーチで石狩浜に向かった。

物件の平面図は、まるで宝のありかを示す地図のようだ。見ているだけでわくわくしてしまう。

石狩の競売物件

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ニセコで面接

次の記事

雪のち晴れの八甲田