陸(おか)サーファー

手術から3ヵ月以上が経過したのに、肩の違和感は取れない。そこで僕は、海でのカイトサーフィンを断念し、町内の公園でスケートボードをすることにした。

海でのカイトサーフィンに比べるとダイナミックさに劣るが、着替える必要のない気軽さがいい。

カイトはFLYSURFERのPeak。サイズは9。公園で微風のスケートから、強風のバックカントリーでのスノーカイトまで、出番は多い。

カイトサーフィンを始めるなら、陸でスケートボードに乗る練習をしてから海に出た方が良いのかもしれない。海では走り出しとアップウインドに多くの時間を費やすことになるが、陸の上ならそれが簡単だからだ。その分、カイトの操作はもちろん、カイトに対する板の位置さえも上手にコントロールすることができるようになる。

ただしカイトを揚げてスケートボードに乗ることのできる場所は多くはない。クルマで5分の場所に広い公園のある僕は恵まれているようだ。

前の記事

夏の終わり

次の記事

紅葉の鏡沼ハイキング