蘇ったスノーモービル

雪が積もり出した週末、僕のスノーモービルは1年ぶりに動き出した。

故障は、スターターモーターとスターターリレー、それからレギュレータの問題だった。僕には未知の領域だったので、故障のないECUまで交換する羽目となってしまった。

気が遠くなるほどの時間を失ってしまったが、次にどこが壊れても自分で対処する自信がついた。

Follow me!

蘇ったスノーモービル” に対して1件のコメントがあります。

  1. 東北在住のオヤジ より:

    おめでとうございます。
    リレーとレギュレータってことは、バッテリ逆につないで壊れてたのでしょうかねぇ。
    それともモーター内部ショートで壊れたのかな??
    雪に間に合ってよかったです。

    1. Kazu より:

      ありがとうございます。本当にギリギリでした。
      おそらく新車時のバッテリーを6年目にも交換せずにいたことが原因の発端だと思います。
      1. 電圧不足によりレギュレータが故障
      2. 外部バッテリーでモーターを回し続けたためセルモーター内の配線が溶断
      3. スターターリレーをジャンプしてモーターを回したことでリレーが破損
      おかげで、内燃機関における電気の循環をちゃんと理解しました。

この投稿はコメントできません。

前の記事

冬の訪れ

次の記事

アンヌプリ上部の連絡