僕の庭の白樺林は、野生のまま、伸び放題で、下は熊笹で覆われていた。
景観的にも美しくないので、白樺を間引きすることにした。

僕は、中古で買ったチェーンソーで、これまでにおよそ20本を切り倒した。
伐採した樹木は、薪にするのが定番であるが、家に薪ストーブはない。
あるのは、ロマンの欠片もないFF式灯油ストーブだ。

薪ストーブは、予算と時間の都合で今年はあきらめている。
だから薪は、庭で焚き火をするための燃料だ。
伐採した樹木の枝を手斧や鉈で払い、適当な長さまでチェーンソーで玉切りする。
玉切り用の馬は、2×4と1×4材で自作した。

玉切り馬

こうして、僕の庭の一番いい場所は、キャンプファイヤーのためのスペースとなった。

庭でキャンプファイヤー

Follow me!

” に対して1件のコメントがあります。

  1. 高橋千恵 より:

    頑張ってくださいね

    1. kazu より:

      はい、がんばります。見てくれてありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

しゃこたんの風

次の記事

強風の内浦湾