雪道ドライブの装備

今年もスキー・スノーボードのシーズンがやってきた。滑ることはもちろん、都会からスキー場のある雪山に向かうドライブもまた楽しいものだ。

せっかくの週末がトラブルで台無しにならないよう、雪道のドライブに備えておくと、いざというとき役に立つものを紹介したい。

ちなみに、僕の家からもっとも近いモイワスキー場までは、クルマで15分だ。ただし、年に数回は雪でゲートが封鎖される山道を通らなければならない。走行中にだんだん雪が深くなり、冷や汗をかくこともある。何らかのトラブルで、止まってしまったら、命にかかわる。だから、クルマの装備は慎重に選んでいる。

冬の装備

ジャンプスターター

ロードサービスのお世話になる作業で、もっとも多いのがバッテリートラブル。都会なら、1時間も待てばサービスカーが到着するだろう。しかし、田舎ではそうはいかない。ジャンプケーブルを持っていたとしても、都合よくクルマが通りかかるかどうかは運まかせだ。

そこでお勧めなのが 、小型のジャンプスターター。電池部分はモバイルバッテリーと同じだ。違うのは、自動車の巨大なセルを回すための出力ができることと、ジャンプ用のケーブルが付属していることだ。

はじめて使うときには疑心暗鬼だったが、使えることが分かると、もう手放せない。冬場においては、所有する2台の車に常に車載している。かつて予備のバッテリーを積んでいた頃と比較すると、劇的な軽量化だ。

モバイルバッテリー

これがあれば、バッテリー上がりが怖くない。それに軽いので、作業がとても楽だ。

車載スコップ

車載シャベル

以前は小型の車載タイプを使っていたが、使用頻度が高いので、雪用の角スコップを社外に取り付けた。

万能キャリア

万能キャリア

小さなスノーブラシは、ドカ雪には役不足だ。でも、大きなスノーブラシは置き場所に困るものだ。そこで万能キャリアに大型のスノーブラシを積んでいる。 車外なので、ドアを開けずに使えて便利だ。

この万能キャリアは、 THULE (スーリー)のHull-a-Port (ハルアポート) Pro 837の模造品だ。本物の半額以下であるが、大きな問題なく使えている。もともとの用途であるカヌーを積んだことはないが、巨大なSAPボードを積んでも安定していた。

レガシィ夏バージョン

現在、Amazonにあるのは、ぼくが買った店とは違うが、製品はたぶん同じだと思う。

Follow me!

前の記事

倶知安町の駅前再開発

次の記事

背骨の折れた選手