長万部でカイトサーフィン

天気は悪いが風がある。僕は長万部の海に出かけた。
長万部から八雲の方向には、かなり長い砂浜がのびている。僕は、長万部の漁港近くの浜にでた。ホタテ貝の加工場の脇を抜けて、出るこの場所はビーチではなく浜だ。なんの色気もない浜ではあるが、クルマで浜まででられるのがうれしい。

風は、浜に対し、ほとんど垂直方向に吹いている。風上に向かうことが難しいカイトには、ちょっと難しいコンディションだ。

なお、このブログでは、このスポーツの名称を次のように呼び分けることにした。

カイトサーフィンとカイトボード
ツインチップでウェイクボードのような板に乗る場合は、カイトボード
ディレクショナルで浮力のあるサーフボードにのる場合は、カイトサーフィンと呼ばれるようだ。
ただし、ウインドサーフィンと並べる場合には、ウェイクタイプの板であってもカイトサーフィンと呼んだほうが通りがいい。
なによりもカイトサーフィンの方が、カイトボードを知らない人に理解されやすいのでよく使っている。
なお、スノーボーディングと並べる場合には、カイトボーディングと言っている。もちろん、どちらも乗るのはスノーボードだ。
スノーカイトとサーフカイト
雪上・陸上・海上でのカイティングは、スノーカイト・ランドカイト・サーフカイトとなる。
このブログのカテゴリーがカイトボードとなっているのは、この3つをひとつのカテゴリーにまとめようとしているからだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ガーデニング

次の記事

最初の花壇