明日へのターン

ぼくの家に供給される水は湧水だ。川の源流がいったんタンクに集められ、それが圧力ポンプで押し出されている。

ポンプ小屋

この給水システムは極めて不安定なので、ひんぱんにポンプ小屋に様子を見に行く必要がある。道はポンプ小屋で行き止まりなので、そこでターンしなければならない。

落ちたら危険

切り替えしのできない深雪のとき、ここでスノーモービルをターンさせるのは手に汗握るチャレンジだ。何度も埋もれて、へとへとになったこともある。かといって、スノーシューで水の管理にそこまで行くのは苦痛だ。

そこで、スノーモービルで小さくターンする練習をはじめた。

ぼくは、明日の生活のために、もっと上手くターンできるようにならなければならない。

前の記事

真狩の雪原

次の記事

ホワイトアウト